聴きながら弾く☆一人オーケストラ♪

2013-07-26

ピアノって・・・つまり、「一人オーケストラ」だと思っています(^^
こう言うとちょっと難しそうですが・・・(難しいですが)
例えるならヴァイオリンやトランペットなど、色々な音色を使い分けて表現するのが、
ピアノを演奏する醍醐味だと思っています♪

さぁて、それをピアノ習いたての子ども達に「さあやって!」と言っても
少し難題ですよね(^^;

ただ、フォルテやピアノ、くらいのイメージなら導入でも掴みやすいのでは、
と思ってどんな生徒さんにも伝えています。

耳の発達には年齢のピークがあります。
その時に、「心のこもった音」「ただ上から叩いた音」の違いを
聴き分けられるのと、そうでないのとでは後々大きな差が出てきます!
「音」の違いをよく聴きましょう♪
そういう「音色の違い」が自分の引き出しに詰まり、溢れた時に、
初めて上手く表現できるのではないかな~と思っています♪

こういう「聴く」作業は、途中から「はい!やって」と言うのは子供が可哀相です。
習い始めた頃から、「聴きながら弾く」習慣をつけられるように、
といつもレッスンしています(^^)

一度に沢山の注文はしない派ですが、少しずつ、積み上げていきましょうね☆

あずさ



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2012-2017 あいだ音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com