練習のペースは人それぞれ♪

2013-10-29

先日レッスンしたMちゃん。
最近、子供向けのハノンを使ったのですが、
それに苦戦しています(>_<) Mちゃんに限らず、他の小さな生徒さんも、 思うように指が動かなくて泣きながら練習する子は 少なくありません。 実は、私も今でも、泣きながら練習することあります(^^; 私だって、思うように表現できない時もあるからです・・・ というので、「泣く」ことは「悔しい」ことだと思って 良い表現だと思いましょう♪ ところで、ハノンで疲れてしまっては元も子もないですよね。 といってもハノンを頑張ったからこそ、Mちゃんは初めて半年なのに 音符を文字のようにスラスラ読みます! 良い部分もありますが、ここは少し休憩しどころかな?と思って 少し小節数を短くしました。 Mちゃんは年中さん。時には長い曲に疲れてしまいますよね。 それよりも、短い曲で良い音を出した方がずっと良いと思っています。 ですので、私が「短くしよう!」」と言ったら 少し嬉しそうに微笑んでいました(*^^*) 他の練習曲はもうバッチリ! とっても上手になっているので、 決して無理はせず。でも、頑張ったからこそ、得たものもある。 それをちゃんとわかってもらえるように♪ 生徒さんを引いたり押したりしながら導くのが 私の役目だな~と、しみじみ思いましたm(__)m あずさ



コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2012-2017 あいだ音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com